護衛艦 はぐろ。 最新型イージス艦「まや」就役 海自初の「共同交戦能力」搭載 漢字では「摩耶」(高橋浩祐)

はぐろ (護衛艦)とは

はぐろ 護衛艦

来年3月就役の「まや」と、同型の「はぐろ」を合わせて8隻となる。 配備は秋田県秋田市陸自新屋演習場、および山口県萩市陸自むつみ演習場、の2箇所。 ガスタービンは低速航行時には燃費性能が悪いため、低速航行や巡航時にはガスタービンのモーター電力で走行する電気推進方式を導入。

17

「はぐろ」進水で海自イージス艦は8隻体制へ ―弾道ミサイル防衛システム (BMDS)の 能力向上―

はぐろ 護衛艦

弾道ミサイルには射程の短い短距離型から、中距離、大陸間を飛翔する長距離型まで、様々あり、これを迎撃するため米国は長い期間を掛けて防衛体制を築き上げてきた。 その薀蓄を紹介しておきます。

15

アメリカ海軍 最新鋭イージス艦「ダニエル・イノウエ」2021年前半に就役予定 (2021年1月5日)

はぐろ 護衛艦

1番艦は2番艦の「くまの」と同様、本来は昨年11月に命名・進水式が行われる予定だった。 レイセオンが米海軍から受注、開発している。 基準排水量は「あたご」級より500 ton、「こんごう」級より1,000 ton増えている。

12

最新型イージス艦「まや」就役 海自初の「共同交戦能力」搭載 漢字では「摩耶」(高橋浩祐)

はぐろ 護衛艦

「ふじ」は1965年にできた砕氷艦で、戦後の政府の南極観測船として「宗谷」の任務を継ぎました。

5

海上自衛隊、今年3月は新艦艇の就役ラッシュ(高橋浩祐)

はぐろ 護衛艦

2017年4月、南極観測事業に協力した海自の砕氷艦しらせが帰国し、音楽隊(中央下)と乗員の家族らが迎えた=東京港の晴海埠頭 出典: 藤田撮影 将来驚きの名が公募で? いまの訓令では、砕氷艦の命名は単に「名所旧跡の名」となっています。 2016年8月、神奈川県の横須賀港に停泊中の米海軍原子力空母の甲板から。

10

はぐろ (護衛艦)

はぐろ 護衛艦

まやは海自艦としては初めて、他のイージス艦や航空自衛隊の早期警戒機などと敵ミサイルの位置情報を共有できる共同交戦能力(CEC)を備える。 艦名はのの一つであるに因み、4番艦「」に続き、日本の艦艇としては2代目。 護衛艦「はぐろ」のロゴマークが決まりました。

1

「はぐろ」進水で海自イージス艦は8隻体制へ ―弾道ミサイル防衛システム (BMDS)の 能力向上―

はぐろ 護衛艦

横須賀、佐世保、舞鶴、呉に拠点を置く海自4個護衛隊群にそれぞれイージス艦2隻ずつを配備する計画だ。

7