フォード カプリ。 マーキュリー・カプリ

フォード、日本市場撤退…!いま振り返りたい、日本で愛されたアノ名車たち

カプリ フォード

一方で、レースの戦績はビジネス全体の収益にも影響を与えており、サーキットにいることを正当化する理由でもありました。 translation:Kenji Nakajima(中嶋健治) スポーツカーとツーリングカー・レースで活躍したレーシングドライバー、ゴードン・スパイスは笑顔で溢れていた。

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ フォード ザクスピード カプリ Gr.5 ウルト

カプリ フォード

Mk1 [ ] 初代モデル。 しかし室内は大変広く、知名度の低さからコアな輸入車ユーザーには好まれたクルマです。 2ドアコンバーチブルはこの年を最後に消滅する。

6

フォード、日本市場撤退…!いま振り返りたい、日本で愛されたアノ名車たち

カプリ フォード

基本的には通常のバッジエンジニアリング車同様、外観にオリジナリティを見せた以外はプレマシーとほとんど見分けがつきません。 わたしが現役だった頃は、ロールケージのサイドバーや安全装置などは付いていませんでしたからね」 華やかな時代を過ごした彼は79歳になった。 その名の通り「クルマ」を意味するこのクルマは、小さいながらもフォードのこだわりが十分に感じられた質の高いものでした。

フォード・カプリ3.0S 英国ツーリングカーの英雄、ゴードン・スパイスとの再会 前編

カプリ フォード

日本でも1988年より輸入開始、本国ほどではありませんでしたが「アメ車」に憧れを持つユーザーを引き付けることに成功し、ロングセラーモデルとして君臨し続けました。 3代目ボンゴがベースとして選ばれました。

16

フォード・カプリ3.0S 英国ツーリングカーの英雄、ゴードン・スパイスとの再会 後編

カプリ フォード

2ドアハードトップの三角窓は廃止された。

1

フォード カプリⅡ (1974

カプリ フォード

ボディサイズは幅が1,810mmと大柄で、日本での取り回しはあまり良いとはいえないものでした。

9

フォード、日本市場撤退…!いま振り返りたい、日本で愛されたアノ名車たち

カプリ フォード

スパ・フランコルシャン24時間レースでは1971年と1972年に連覇を果たし、1978年にも優勝。 ちなみに、ボンゴベースのものが「 J80」、ボンゴブローニィベースのものが「 J100」と呼ばれました。 レースの戦い方を変えたといってもいいでしょう。

10