スバル レヴォーグ 新型。 スバル、新型「レヴォーグ」は「スバルが現在持ちうるすべての技術を結集したクルマ」 先行予約で「アイサイトX」の装着率は93%

新型レヴォーグ

レヴォーグ 新型 スバル

GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現しました。 市街地モードは信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは高速道路等での走行を想定しています。 8L に統一されてしまったことです。

16

スバル新型「レヴォーグ」は普通の国産車と全然違う! 乗ってわかった3つの驚き

レヴォーグ 新型 スバル

自分の思いどおりに操ることができ、もっと走っていたいと思える圧倒的な走行性能。 自転車は20km/h近く出ていたけれど、アイサイトが衝突コースを直前に検知し、ブレーキ制御まで入れている。 目やにが付いているようなヘッドライト 新型レヴォーグのヘッドライト形状は、まるで 目やにが付いている目です。

1

スバル新型「レヴォーグ」は普通の国産車と全然違う! 乗ってわかった3つの驚き(くるまのニュース)

レヴォーグ 新型 スバル

新型レヴォーグは基本的な運動性能、つまり直進性や安定感、電動ブレーキブースター採用による減速性能も恐れ入るほど見事だが、GT-H EXとSTIスポーツの両車を乗り比べると、ステアリングフィール、乗り心地、静粛性で、後者がより優れていると感じた。 これに、大きな感動を覚えるとともにスバルらしさと革新魂を未来に繋げる責任をエンジニアの1人として感じます。 渋滞時カーブ追従を可能にする。

12

スバル新型「レヴォーグ」は普通の国産車と全然違う! 乗ってわかった3つの驚き

レヴォーグ 新型 スバル

クルマも同じ。

5

【何がどう変わったのか?】スバル・レヴォーグ 新旧スペック比較 内外装比較 アイサイトX変更点まとめ

レヴォーグ 新型 スバル

スバルとトヨタは資本関係があり既にスバルはトヨタからハイブリッド技術での協力を受けている。 スバルの持ち味といえば、グランドツーリング(長距離を走ったときの心地よさ)です。

スバル 新型レヴォーグ(VN5型)の欠点(デメリット)4つ

レヴォーグ 新型 スバル

また、「私たちは安心と愉しさを不変の価値とした、個性的で魅力ある商品を通じてお客さまの人生のパートナーであり続けたい、いつの時代においてもお客さまに真摯に向き合い、お客さまの笑顔を作るブランドでありたい、と考えております。

4