和歌山 地震 速報。 和歌山県南方沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因(2020年12月29日)|BIGLOBEニュース

和歌山県南方沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因(2020年12月29日)|BIGLOBEニュース

地震 速報 和歌山

・県内に発表される大津波・津波の注意報・警報の配信 ・指定河川洪水、土砂災害警戒情報など危険が迫る状況であるとき市町村と連携して配信 ・国民保護にかかわる警報等J-ALERTからの通知を受けたときに配信 ・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染防止のための外出自粛要請 また、緊急地震速報については、気象庁の発表を受け各携帯電話会社などが配信することになっており、県からの配信可能項目となっておりませんのでご注意ください。 お知らせ• お知らせ• 震源の深さは約10キロか、ごく浅かった。 6の地震が発生しました。

9

和歌山県南方沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因(ウェザーニュース)

地震 速報 和歌山

お知らせ• 今回も震源が浅いなど過去の地震と同じ特徴があることから、その一つと考えられる」と話す。 お知らせ• 令和2年12月11日 を掲載しました• お知らせ• 受信できない携帯電話や個別に設定が必要となる機種もありますのでご注意ください。

和歌山地方気象台

地震 速報 和歌山

URL変更のお知らせ 和歌山地方気象台ホームページのURLは変更となっています。 携帯電話の契約内容及び設定等に関するお問い合わせは購入された携帯ショップにお問い合わせください。 令和2年7月15日 令和2年7月5日から14日にかけての梅雨前線による大雨について、を掲載しました• 令和2年9月1日 を報道発表しました• 上記(2)の浅部低周波地震(微動)及び浅部超低周波地震とほぼ同期して、周辺の複数の孔内間隙水圧計などで地殻変動が観測されています。

3

【複合災害】和歌山県北部でM4.1の地震 震源の深さ約10km 最大震度4 ネットの反応 Update

地震 速報 和歌山

同じ境界では10日 水 にマグニチュード7. 令和3年2月18日 を掲載しました• 令和3年1月19日 を掲載しました• 多くの地震では震央から同心円状に揺れの強い地域が分布しますが、今回の地震では地震波が伝わりやすい太平洋プレートに沿って遠方の地域に揺れが伝わる「異常震域」と呼ばれる震度分布となりました。

和歌山地方気象台

地震 速報 和歌山

お知らせ• 2の地震です。 (1)四国西部から中部:1月10日から30日 これとは別に以下のとおり、プレート境界付近で浅部低周波地震(微動)及び浅部超低周波地震を観測しています。 深発地震による異常震域とは 深発地震による異常震域の模式図 今回の地震は非常に深い所で発生する「深発地震」と呼ばれるものです。

6

和歌山県南方沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因

地震 速報 和歌山

1984年1月1日には三重県南東沖でM7. 令和2年12月21日 を掲載しました• お知らせ• 京都大学防災研究所の片尾浩准教授(地震学)は「和歌山の真下には、太平洋に沈みこむプレートなどの影響で、高温高圧の水がわき上がり、岩石のひび割れを促して数多くの地震を引き起こす『地震の巣』のようなものがあるため、小さな地震が頻繁に起きている。 現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

気象庁|南海トラフ地震に関連する情報

地震 速報 和歌山

震源地は、和歌山県北部(北緯34.2度、東経135.2度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.1と推定されます。 ウェザーニュース Yureプロジェクトより. 今回の地震は非常に深い所で発生する「深発地震」と呼ばれるものです。

エリアメール、緊急速報メールについて

地震 速報 和歌山

(2)紀伊半島南東沖:12月6日から1月21日、1月26日から29日 2.地殻変動の観測状況 (ゆっくりすべりに関係する現象) 上記(1)の深部低周波地震(微動)とほぼ同期して、周辺に設置されている複数のひずみ計でわずかな地殻変動を観測しました。

16