æĻめ 手。 ã€Œåą‹å¤–ã§ãŽãƒžã‚šã‚¯ã¯ä¸čĻã€é–“違いだらけぎã‚ŗロナ寞į­–ã‚’å°‚é–€åŽļが指摘するīŧ

゚トロãƒŗグãƒģã‚ļãƒģæ­Ļ道 (すとろんぐざãļおう)ã¨ã¯ã€ãƒ”ã‚¯ã‚ˇãƒ–į™žį§‘äē‹å…¸ã€‘

手 æĻめ

「おお、やãŖãąį§˜å¯†æœæŸģ厘さんは怖えãĒあ」 「いいわよお。 投įļ˛ã‚’打つ様子ãĢäŧŧãĻいることからå‡ēた名。 48īŧš 逆とãŖたり【さかとãŖたり】 čŋ”し技ぎ逆とãŖたりは、į›¸æ‰‹ãŒã¨ãŖたりを打ãŖãĻきた時ãĢã€å–ã‚‰ã‚ŒãŸč…•ã‚’æŠœãã‚ˆã†ãĢしãĻã€åå¯žãŽæ‰‹ã§æŠąãˆãĻいるį›¸æ‰‹ãŽæ‰‹éĻ–を持ãŖãĻč…°ã‚’æģじるようãĢしãĻ振る。

指先ãĢæĻめãĻ

手 æĻめ

å†Ĩåēœé ­åŖŠæ‰‹ įŠē中ぎį›¸æ‰‹ãŽéĻ–ãĢ手刀をįĒãįĢ‹ãĻ、そぎぞぞčŊ下する技。 19īŧš 掛け投げ【かけãĒげ】 æ•ĩãŽåˇŽã—æ‰‹ã‚’å°æ‰‹ãĢåˇģいãĻ、あるいはéĻ–ãĢåˇģいãĻčļŗを内掛けãĢæĻんで小手投げを打つぎが元æĨぎ掛け投げ。 「マ゚クは唞ãĒおぎéŖ›æ˛ĢがéŖ›ãļãŽã‚’é˜˛ããŽãŒį›Žįš„であãŖãĻ、喋らãĒければ唞もéŖ›ã°ãĒい。

10

åĨŗį§˜å¯†æœæŸģåŽ˜ã€å •ãĄã‚‹01

手 æĻめ

こぎあぞりãĢもįĨžã€…しいæˆĻいãĢčĻ‹åŽˆã‚‹æ­ŖįžŠčļ…äēēもæ‚Ē魔čļ…äēēも厌į’§čļ…äēēもそしãĻčĻŗåŽĸãŸãĄã‚‚å¤§ããĒ歓åŖ°ã¨æ‹æ‰‹ã¨æļ™ã‚’ã‚‚ãŖãĻį­”えた。

ã€Œåą‹å¤–ã§ãŽãƒžã‚šã‚¯ã¯ä¸čĻã€é–“違いだらけぎã‚ŗロナ寞į­–ã‚’å°‚é–€åŽļが指摘するīŧ

手 æĻめ

それおころか、į„Ąé‡å¤§æ•°čģã‚’čŋŊ攞されたåŊŧが勝手ãĢ「厌į’§čļ…äēēぎéĻ–領」を名䚗ãŖたことや、č‡Ēåˆ†ãŸãĄã‚’åŧŸå­å‘ŧばわりしãĻいたことãĒおから寧ろčģŊč”‘ã—ãĻいるという。 それはäģ°å‘ã‘ã§ä¸Ąč„šã‚’é ­ãŽä¸Šãžã§ä¸Šã’ã€æœ¨čŖŊぎéĻ–æžˇãŽåˇĻåŗãĢæ‰‹č„šãŽå…ˆã‚’ãžã¨ã‚ãĻ拘束 ã™ã‚‹ã¨č¨€ã†ã‚‚ãŽã§ã€ã‚ãžã‚ŠãŽæĨčžąãĢį§ã¯æ°—が遠くãĒりã‚ĩッã‚ĩとč‡ĒåŽŗしãĒかãŖたäē‹ã‚’垌悔 し始めãĻいた。 į›¸æ‰‹ãŽäŊ“が和čŖ…ぎčĨˇæŽ›ã‘ぎåŊĸãĢäŧŧるから、čĨˇåã‚Šã€‚

11

゚トロãƒŗグãƒģã‚ļãƒģæ­Ļ道 (すとろんぐざãļおう)ã¨ã¯ã€ãƒ”ã‚¯ã‚ˇãƒ–į™žį§‘äē‹å…¸ã€‘

手 æĻめ

あれぎäŊŋい斚を間違えãĻいるäēēが非常ãĢ多い、と堀氏は指摘する。 åšŗ成12åš´æœĢぎ「送り」技大量čŋŊ加 į´°åˆ†åŒ– ãĢより、į›¸æ‰‹ãŽåžŒã‚ãĢついãĻčļŗを掛けずãĢįœŸãŖį›´ãå‰æ–šãĢ倒した場合ãĢぎãŋ遊į”¨ã•ã‚Œã‚‹ã“とãĢãĒãŖた。

4

光čŧæ˜ŸãƒˆãƒĒプãƒĢã‚šã‚ŋãƒŧã‚ē æ­ŖįžŠãŽãƒ’ロイãƒŗãŸãĄã‚’æĻめ堕とすæ‚ĒぎハãƒŧãƒŦãƒ č¨ˆį”ģ

手 æĻめ

įĢ‹ãĄåˆã„いきãĒりやることもある。 äģĨ前はčļŗéĻ–を取ãŖãĻã‚‚č¤„å–ã‚Šã ãŖたが、åšŗ成12åš´æœĢæąēぞり手čŋŊåŠ ã§å°č¤„å–ã‚Šã‚’åžŠæ´ģさせた際、įˆĒ先を取ãŖãĻ倒す場合ぎãŋã‚’ã€Œč¤„å–ã‚Šã€ã¨ã—ãĻ厚įžŠã—į›´ã—た。

åĨŗį§˜å¯†æœæŸģåŽ˜ã€å •ãĄã‚‹01

手 æĻめ

īŧˆãžã•ã‹æĄã‚Šã‹ãˆã—ãĻくるãĒんãĻâ€Ļâ€Ļīŧ‰ č‡Ē分はそうとう毛åĢŒã„されãĻいたはずだ。

18