地震 避難。 避難はいつ、どこに?

地震発生時の行動から生活再建までのポイント|東京都防災ホームページ

避難 地震

津波警報は、気象庁の発表を受けて直ちに各自治体に設置してある防災行政無線や、テレビ・ラジオのほか、携帯電話やスマートフォンの「緊急速報メール」などで伝えられます。 そのようなデマ情報に流されない為にもちゃんとした機関から出ている 正規の情報を入手してください。 下敷きになったら ・家具の下敷きになってしまったら、大声で助けを求める。

気象庁|緊急地震速報|緊急地震速報を活用した訓練について

避難 地震

・多くの人たちが駆けつけてくれれば、その分助け出される可能性が高まる。

大地震発生したら?取るべき行動とあわてず避難するための対策とは?

避難 地震

まちの復興とともに、暮らしを立て直し、自立に向けて準備していきましょう。 確かめ合おう わが家の安全 隣の安否 わが家の安全を確認後、近隣の安否を確認する。 5強 ・補強されていないブロック塀が崩れることがある。

5

【防災】地震が起きた時どうすればいい?場所・シチュエーション別の避難行動まとめ │ 防災の種

避難 地震

暖房器具を消す ・揺れによりストーブなどの暖房器具が倒れている可能性があり、火災の原因になるので確認する。 地震の揺れによって多くの物が倒れていたり、陶器やガラスが割れて散乱していたりと非常に 足元が危険です。

避難の心得(地震編)

避難 地震

貴重品を家に残さない• その話し合いの場となるのが、「避難所運営協議会」です。

地震発生時の避難のタイミングと注意すべきことは?

避難 地震

有効な連絡手段ではあるものの、避難をするための判断材料の情報としては信憑性に欠けるため、くれぐれも参考程度に留めておきましょう。 少女の母は「地震直後の混乱のまっただ中で、娘が被害に遭うとは想像できなかった。 揺れたからといって慌てて外に避難しない• 緊急地震速報が発表されてから、実際に強い揺れが来るまでの時間は、長くても十数秒から数十秒と極めて短い時間です。

19

大地震の時の対策(避難編)

避難 地震

。 参照元:政府広報オンライン「「警戒レベル4」で全員避難です!防災情報の伝え方が5段階に」 最高レベルで避難するものだと思われがちですが、実際は警戒レベル4で「安全な場所へ避難」つまり、全員避難することとなっています。 地震の際に揺れがおさまったとき特に建物の中にいると地震による火災の発生にまず気を付けなければならない。

3