みなとみらい 商業 施設。 MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)

MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)

施設 みなとみらい 商業

(横浜国際船員センター)• のと共に、の本社機能を有する( 横浜本社)。 清水建設が当地区において手がけた「」に続く、大規模賃貸オフィスビル開発計画の第2弾に当たる。

7

「馬車道」駅直結の商業施設「KITANAKA BRICK&WHITE」

施設 みなとみらい 商業

グローバル本社• 横浜市内初の大型美術館である「」 (36街区)正式開館。 温泉施設「横浜みなとみらい 」 (11-3街区)開業。

13

横浜みなとみらいエリアに新複合施設「横浜ハンマーヘッド」

施設 みなとみらい 商業

1階には「CIQ施設」が設けられます 横浜ハンマーヘッドの1階にはCIQ施設が入居します。 外国語学部国際文化交流学科と日本常民文化研究所をベースとした「国際文化日本学部 (仮称)」を新設予定。

「馬車道」駅直結の商業施設「KITANAKA BRICK&WHITE」

施設 みなとみらい 商業

(旧名称:TOCみなとみらい〈2017年12月に改称〉)• 「」(現:横浜ベイホテル東急) (24街区)開業。 また、東京都心一極集中からでの展都という趨勢の中で、東京都心の負荷を軽減し、の経済拠点として首都圏経済を牽引する役割を分担し、企業法人機能や事業所等の立地促進、企業法人の集積の波及として起こる中小企業の活性化や新規起業者の増加などを目指している。

みなとみらい の再開発マップ・再開発情報 2020年版

施設 みなとみらい 商業

以降も横浜市では今後開発が行われるであろう同街区を「映像文化拠点」と位置づけていたが、後に方針を見直している。

19

(仮称)MM37タワーの建設状況!みなとみらい住宅展示場跡地にホテルや店舗の複合施設

施設 みなとみらい 商業

大きめシートあり• 2017年4月入居開始。 25階:共用スペース• 脇の63・64街区に「」開園。 数に限りがございます。

6

みなとみらい の再開発マップ・再開発情報 2020年版

施設 みなとみらい 商業

2008年• (高さ272mの展望フロア、かつては日本で最も高度に位置していた (現在は3番目))• (パシフィコ横浜) (18・22街区)内に「国立横浜国際会議場(国立大ホール)」が完成。 ラグジュアリーホテル 「」および長期滞在型ホテルなどからなるによる複合ビルが44街区(南区画)に完成予定。 本社(2019年7月29日移転) 2010年竣工 みなとみらい駅直結 34街区 (大型商業施設) (土地所有・事業者:三菱地所) 当地区最大級の商業施設が横浜美術館前に誕生。

17