Hi ν ガンダム。 MG Hi

MG Hi

ガンダム hi ν

機体色は上記の特報版に近いが、グレーが濃淡2色になっており、「特報」で映っていなかった肩部スラスター内側など一部が青で塗り分けられている。

5

「METAL ROBOT魂」ではガンダムバエルやHi

ガンダム hi ν

なお、初出の資料では「RX-00531」であった。 そして製造場所として、補給関係の重鎮であるからの紹介での工場を確保した。

11

【ガンプラ】HGBF Hi

ガンダム hi ν

戦闘アニメーションは当時の水準としては破格の出来なので必見。

MG 1/100 Hi

ガンダム hi ν

細かい部分まで別パーツ化されています。 69qCoHGlDod Mk5は嬉しい。 特筆するのは時限強化武装サイコフレームの共振、使用中はシールドガード成功時とよろけ攻撃被弾時ラックにファンネルが1基以上あると停滞が1発出てビーム反撃・敵に射出したファンネル1基が二連追尾を行うようになるといった数少ない「ビットが押し付けとして機能する」機体。

3

Hi

ガンダム hi ν

二つの機体設定 [ ] 現時点で機体の設定が大きく分けて二つに分かれる。 機体色はリファイン版以前の紫と白を基調とし、フィン・ファンネルもグラデーション塗装に戻された。 やや肩の引き出し関節が保持力不足かもしれないので、あまり動かさない人は瞬間接着剤などできつめにしてしまうのも手かもしれません。

6

Hi

ガンダム hi ν

他の各部の配色も初期デザイン版に準じている。 腕部マシンガン 右袖口に1門内蔵され、肘には交換可能な弾倉を備える。 プロペラントタンクの増設により、機体の稼働時間も向上している。

10

νガンダム

ガンダム hi ν

『Gジェネレーションオーバーワールド』ほか。 アナハイム社側の開発責任者は。 武装(ガンダムGファースト) [ ] ビーム・サーベル 肩・腰・膝アーマー内部(展開式ニー・クラッシャー)にはビーム・サーベルが2本ずつ収納されている。