安田 純平。 パスポート発給されなくて当たり前?安田純平さんが違憲訴訟を起こした「本当の理由」

シリアで長期拘束の安田純平氏 今なお続く誹謗中傷「デマがデマを呼んでいる」

純平 安田

2015年12月22日、が「シリアの武装勢力に拘束されており、早期解決を望んでいる」という内容の声明を出した。

安田純平と後藤健二の違いと自己責任論!わかりやすく説明しやす!

純平 安田

それは自己責任ではない。

パスポート発給されなくて当たり前?安田純平さんが違憲訴訟を起こした「本当の理由」(2020年3月2日)|BIGLOBEニュース

純平 安田

ENCOUNT編集部. また、「冬山の遭難者やキノコ採りのお年寄りも、自己責任ということか。 ジャーナリスト以外にもこの条文が適用されるケースがありました。

武装勢力が家族にメールも… ジャーナリスト・安田純平氏が明かす拘束体験 : 映画ニュース

純平 安田

拘束中にパスポートを没収されたため、帰国後に再発行を申請したところ、外務省に拒否されたからだ。 本人に入国禁止措置が知らされていないのは、異常でしょう。 そこで、単刀直入に「韓国人ですと本人が話されていることについて、過去に韓国籍を持っていたとか、心当たりはないですか?」と聞いたところ、「心当たりはない」と答えた。

3

外務省が安田純平さんのパスポート発給を拒否 → 安田氏「独裁国家のやっていることだ」

純平 安田

皆さんにとって、自分たちの世界のことだけではなく、他人の命や人生についても考えるきっかけになってくれることを願っています。

15

安田純平さん解放と「自己責任論」 日本人は紛争地取材に本当に否定的なのか:朝日新聞GLOBE+

純平 安田

要するに、独裁国家がやっていることです。

16

安田純平とは

純平 安田

絶対捕まらない方法はありません。 私と一緒に帰国した外務省・邦人テロ対策室の人ですら、そんなことを知りませんでした。 他国の事例と比べても、解放翌日まで日本政府が解放の事実を確認できないなど、交渉などが行われていたらありえないことがいくつもあります。

5

安田純平、パスポートの再発行を外務省に拒否される 安田「思想・信条に制約を加えることに…独裁国家のやっていることだ」

純平 安田

この記事では、• 2004年、イラク日本人人質事件の消息を掴むためファルージャ イラクの都市 へ向かう途中に拘束されるも解放。