ご 清祥 と は。 「拝啓 時下ますますご清祥のこと~」時下の意味と使い方と例文集

「清祥(せいしょう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

清祥 と は ご

これを機にしっかりと身に付けましょう。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。

正しく使い分けてデキるビジネスパーソンに!「ご清祥」の意味・使い方の例文、「ご清栄」や「ご健勝」との違いをまとめてご紹介

清祥 と は ご

この場合の「ご多幸」は、「これからもお幸せにお過ごしください」「あなたの幸せを祈っています」といったニュアンスになります。

7

「ご清祥」の意味は?「ご健勝」「ご繁栄」との違いや例文も解説

清祥 と は ご

公的な手紙では、時候の挨拶に続けて、「ご清栄」などの語を用いて相手の健康などを喜ぶ言葉を述べます。 「時下」は、主に書き言葉として使います。

5

「ご清祥」と「ご清栄」の違いと使い分け!意味、使い方、例文、類語を紹介!

清祥 と は ご

「清祥」には祝福の意味がある 「ご清祥」は、「清祥」にていねいさと敬いの気持ちを示す接頭辞の「ご」が付いた言葉です。 」 「 そっちではこんな様子なんだねー。

11

【知らないと失礼】ご清祥/ご健勝/ご清栄/ご繁栄/ご盛栄/ご発展/ご隆昌 意味の違いと使い分け

清祥 と は ご

「繁栄」という言葉は、一般的に会社や団体の事業が発展して栄えていることを指します。 「ご清祥」の意味は「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」 「ご清祥」は、 「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」といった意味合いの言葉になります。

時下ますますご清祥ってどんな意味?ご清栄ご健勝との違いは??

清祥 と は ご

しかし、相手が健康を害しているときや不幸があったときなどに「ご清祥」を使ってしまうことは、大変失礼にあたります。 末筆ながら、貴社ますますのご繁栄とご発展をお祈りいたします。 その時は、前文の挨拶文では違う言葉を使い、重ならないようにします。

1