学問 の すすめ。 10分で分かる「学問のすすめ」解説

学問のすゝめ

すすめ 学問 の

学者は学者にて私に事を行なうべし、町人は町人にて私に事をなすべし、政府も日本の政府なり、人民も日本の人民なり、政府は恐るべからず近づくべし、疑うべからず親しむべし」との趣を知らしめなば、人民ようやく向かうところを明らかにし、上下固有の気風もしだいに消滅して、はじめて真の日本国民を生じ、政府の玩具たらずして政府の刺衝となり、学術以下三者もおのずからその所有に帰して、国民の力と政府の力と互いに相平均し、もって全国の独立を維持すべきなり。 右三ヵ条に言うところはみな、人民に独立の心なきより生ずる災害なり。

20

「学問のすゝめ」の全文と現代語訳

すすめ 学問 の

だから自分の分限を弁えることが肝要です。

学問のすゝめとは

すすめ 学問 の

大切なことは、それらを通じて「何を学ぶか」です。 海外の人に紹介するときは、どうやって言えばよいのでしょうか? 福沢諭吉にまつわる言葉を英語で紹介します。

6

「学問のすゝめ」の全文と現代語訳

すすめ 学問 の

もしも半年かかる仕事、半年後の目標を立てたのであれば、月単位、週単位の細かなゴールを設定して、その都度、進捗の確認をするとよいでしょう。 いろいろな弊害が起こりそうですが、福沢諭吉の着眼点は実にドライ、或いは反専制。

19

学問のすすめ(福沢諭吉)のあらすじ | あらすじ

すすめ 学問 の

法律も国民の行いによって変わるもので、単に学ぶ事を知らず無知であるのに強訴や一揆などを行ったり、自分に都合の良い事ばかりを言う事は恥知らずではないか。 畢竟 ( ひっきょう )その然る所以はかの気風なるものに制せられて、人々みずから一個の働きを逞しゅうすること能わざるによりて致すところならんか。 これを御恩と言うべからず。

『学問のすすめ』あらすじと読書感想文の書き方の例

すすめ 学問 の

近来この流の人ようやく世間に増加し、あるいは横文を講じあるいは訳書を読み、もっぱら力を尽くすに似たりといえども、学者あるいは字を読みて義を解さざるか、あるいは義を解してこれを事実に施すの誠意なきか、その所業につきわが輩の疑いを存するもの少なからず。 その薄弱なることもとより知るべきなり。

15