ロラタジン od。 ロラタジン錠の効果と副作用

ロラタジン:クラリチン

Od ロラタジン

ロラタジンが最もよく使われるのは、花粉症の治療薬としてでしょう。 ・のそう痒• 効能 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒 用法 【錠】• 注意 【診察で】• 涙によって花粉を目の外に追い出そうとするのです。

4

日本薬品工業株式会社

Od ロラタジン

25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。

ロラタジン:クラリチン

Od ロラタジン

剤形が豊富 <デメリット>• ジェネリック医薬品は一般的に、薬価が抑えられています。

12

ロラタジン錠の効果と副作用

Od ロラタジン

すぐに効いてきますが、十分な効果がでるまでに数日かかる場合があります。 ほとんど同等といってよいかと思います。

9

ロラタジン:クラリチン

Od ロラタジン

。 痙攣:痙攣が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 • 小児:通常、3歳以上7歳未満の小児はロラタジンとして1回5mg(ドライシロップとして0. 咽頭痛 、 鼻乾燥感 、 腹痛 、 口渇 、 嘔気 、 嘔吐 、 下痢 、 便秘 、 口唇乾燥 、 口内炎 、 胃炎 、 過敏症 、 発疹 、 蕁麻疹 、 紅斑 、 そう痒 、 発赤 、 脱毛 、 ビリルビン値上昇 、 蛋白尿 、 BUN上昇 、 尿閉 、 動悸 、 頻脈 、 好酸球増多 、 白血球減少 、 好中球減少 、 単球増多 、 リンパ球減少 、 白血球増多 、 リンパ球増多 、 ヘマトクリット減少 、 ヘモグロビン減少 、 好塩基球増多 、 血小板減少 、 好中球増多 、 尿糖 、 眼球乾燥 、 耳鳴 、 難聴 、 ほてり 、 顔面浮腫 、 四肢浮腫 、 味覚障害 、 月経不順 、 胸部不快感 、 不正子宮出血 、 胸痛• 5)に溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けやすく、水にほとんど溶けない。

12

医療用医薬品 : ロラタジン (ロラタジン錠10mg「ファイザー」 他)

Od ロラタジン

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与を避けることが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、動物試験 ラット、ウサギ で催奇形性は認められないが、ラットで胎仔への移行が報告されている]。

1

ロラタジンOD錠10mg「AA」の添付文書

Od ロラタジン

2.低出生体重児、新生児、乳児又は3歳未満の幼児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 • 従来の抗ヒスタミン薬に多くみられる眠気の副作用も軽減されています。 呼吸器: 頻度不明 咽頭痛、鼻乾燥感。

1