アグリード なる せ。 【NOW IS復興インタビュー】アグリードなるせ 安部俊郎さん(第1回)

アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[前編]

なる せ アグリード

もし、その年のうちに米ができたらそれは農家さんたちへの希望になります。 「震災によって離農する農家が後を立たず、農地を任せたいという声が当社に多く寄せられるようになりました。 農地は年々増え、現在、140件の農家の農地を管理しています」。

17

輸B01 (有)アグリードなるせ(宮城県東松島市)

なる せ アグリード

その恵まれた自然からは高品質な農水産物が育まれており、農業ではネギ、トマト、キュウリのほか、ササニシキ、ひとめぼれなど水稲栽培が盛んに行われています。 安部 70歳80歳のお年寄りが奮え立ったからね。

17

輸B01 (有)アグリードなるせ(宮城県東松島市)

なる せ アグリード

宮城県立農業講習所卒業後、いしのまき農協(旧野蒜農協)営農指導員として入組。

14

『アグリードなるせのバウムクーヘン』by めろす : ノビコ バウム工房 (NOBICO バウム工房)

なる せ アグリード

2019年10月に東日本を襲った台風19号の影響により、収穫間近だった大豆は冠水により壊滅状態、大麦の播種作業も遅れ、プロジェクトの実証に大きな影響を及ぼしました。 懐かしいって(笑)。

10

PROJECT.02 輸出に対応できる「超低コスト米」生産体制の実証

なる せ アグリード

現在、東松島市野蒜地区で、6次産業化施設の運営、人材育成や雇用促進など地域農村コミュニティの発展に努めている。

『アグリードなるせのバウムクーヘン』by めろす : ノビコ バウム工房 (NOBICO バウム工房)

なる せ アグリード

八丸健(以下、健) 我々ものびる多面的機能自治会との連携事業として、馬耕実演・馬車運行などいろいろやらせてもらってます。 そういう活動を通じてアグリードさんや東松島市との関係が少しずつ深くなっていったんですよね。

9

アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[前編]

なる せ アグリード

佐々木 この自治会を作ったおかげでこの地域でいろんなイベントができるようになりました。 また、担い手の高齢化などにより労働力が不足している一方で、農業法人への就農者は増加しており、ベテラン社員と遜色ない作業精度の向上が早期に求められている。

1

『アグリードなるせのバウムクーヘン』by めろす : ノビコ バウム工房 (NOBICO バウム工房)

なる せ アグリード

本実証プロジェクトにかける想い 「超省力・低コスト生産による稲作経営を確立」• 農業復興のパイオニアとして地域と共に発展 宮城県の県都・仙台市の北東にある東松島市。 津波によって、稲作の敵である塩分を含んだ海水が田んぼに浸水したほか、ヘドロとがれきで一杯になったその光景は、絶望的とすら思えました。

12

PROJECT.02 輸出に対応できる「超低コスト米」生産体制の実証

なる せ アグリード

挨拶する安部社長(写真右) 安部 これからこの地域振興のためにいろいろとやりたいことがあって国に申請しているのですが、なにぶん新しい団体なのでなかなか認可が降りません。 「本プロジェクトで得たデータからは、さまざまな可能性を読み取ることができます。